1. 女性が活躍しやすい金融事務の仕事内容とは

女性が活躍しやすい金融事務の仕事内容とは

事務職の中でも、金融事務という職種は経理の仕事と勘違いされやすく、一般事務に比べて知名度が低いです。
意外と知られていない金融事務の仕事内容についてご紹介します。

隠れた人気職の金融事務

金融事務の求人は、事務職の中でも人気が高い仕事です。
金融事務の仕事内容は主に金融業界の事務を行います。
職場は銀行、証券会社、保険会社が中心です。
勤務先ごとに仕事内容は多少違いますが、金融に関する知識が求められる事は共通しています。

銀行での金融事務の仕事は、銀行の窓口業務や手続き業務がメインです。
入出金手続きや投資信託の申し込み手続きや融資の手続きなど、銀行で取り扱う業務は多岐にわたります。
それらの手続き内容や商品知識を理解し、スピーディーに手続きをしていく役割です。

証券会社での金融事務の仕事は、主にデータの入力や電話対応です。
しかし、問い合わせ内容が専門的で、場合によってはトレーダーやアナリストのサポート業務に当たる場合もあるため、かなりの金融知識や業界知識が必要とされます。

保険会社での金融事務は、代理店や営業のサポート業務が中心です。
保険請求に関する契約内容の照会や手続き業務に当たることもあるため、顧客とのやり取りも発生します。
保険料の管理なども業務の一環に含まれるため、業務内容は複雑です。

画像出典元:http://www.cw.com.tw/subchannel.action?idSubChannel=8

金融事務の求人で必要なスキル

金融事務の仕事は、一般事務の能力と、金融関係の知識の両方が求められます。
どちらが欠けても金融事務の仕事としては成り立ちません。
ワードの知識も大切ですが、数字を扱う仕事が多いため、特にエクセルの能力は重要です。

金融事務の知識を持っている方は、金融業界で幅広く活躍できるため、結婚や出産を経ても業界に復帰しやすいというメリットがあります。
金融事務の仕事が女性に人気なのは、この点が大きく影響しているためと言えるでしょう。

また、窓口業務にも携わるため、ビジネスマナーや対人スキルも重視されます。

金融事務の求人で役立つスキル

金融事務の仕事は、金融関係の知識が必要な事から、金融業界での経験がないと難しいです。

しかし、金融業界の知識があれば、事務職が未経験でも金融事務の仕事に就くことは可能です。
金融関係の資格は色々ありますが、証券外務員やファイナンシャルプランナーの資格は、金融事務の仕事に非常に役に立ちます。

これらの資格は金融事務の仕事だけでなく、金融業界のステップアップにもつながる資格なので、積極的に資格取得を狙っていくといいでしょう。