事務の仕事で、国際的な仕事や海外に関係する仕事に携わりたいなら貿易事務の求人がおすすめです。
また、一般事務からのキャリアアップ先としても貿易事務の求人は人気が高い仕事です。
貿易事務の仕事内容はどんなものか、あると有利な資格などをご紹介します。

貿易事務の仕事内容は活躍の場が広い

貿易事務というと、何となく限られた業界の仕事というイメージがあります。
しかし、貿易事務の求人先は意外と幅広く、女性が活躍しやすい職種です。
貿易事務は、商社やメーカーなど、海外との貿易がメインの企業で活躍するのはもちろん、船会社や航空会社での輸送手続きにも携わることができます。

また、通関業者などに勤務して、輸出入に関わる手続き業務の仕事などもあります。
貿易事務は、主に海外企業との輸出入の交渉や船舶の手配などの事務作業を行います。
そのため、英文書類の作成や確認の機会が多いのが特徴です。

貿易事務の求人で求められるスキル

貿易事務は海外とのやり取りが中心となるため、英語能力が必須。たとえば輸出業務では、通関の手配や通関書類の作成、倉庫の手配などを行いますが、これらの業務を全て英語で行う事もあります。

そのためビジネスレベルの英語力がないと、貿易事務として活躍するのは厳しいかもしれません。
もちろん、場合によっては海外との電話でのやり取りも発生するため、書類作成だけでなく英会話もできるとかなり有利です。

また、貿易事務は様々な国とのやり取りを行うため、海外情勢に関する知識や、その国の文化などの知識も必要になります。
未経験者にはかなりハードルの高い業界ですが、英語能力さえあれば、貿易事務の業務に携わるチャンスは十分あります。

貿易事務の求人で役立つ資格

貿易事務で欠かせない英語関係の資格があると、面接時に英語のスキルの証明になるため、あると便利です。
貿易事務として活躍したいなら、TOEICなら最低でも600点以上の点数が必要です。
他にも、ビジネス英語関係の資格などがあると面接で評価されやすく、また、貿易に関する資格も就職に有利に働きます。
貿易実務検定や通関士資格などの資格は、積極的に取っておきたい資格です。

貿易事務は未経験ではなかなか就くのが難しい職種ではありますが、事務職のひとつなので、一般事務からのキャリアアップ先としても人気です。
一般事務でパソコンスキルを身に付け、営業事務にキャリアアップして営業のノウハウや在庫管理などを学んで、貿易事務のキャリアを手にしたというケースは多いです。

英語能力が求められる事から、需要のわりに志望者が少ないのも貿易事務のポイント。
自分の能力を活かして、海外と関わる仕事がしたい方におすすめの職種です。

  • 1