事務職には、一般事務や営業事務など、様々な種類があります。
中でも特に人気が高く、需要も多いのが医療事務の求人です。
ここでは医療事務について詳しく紹介します。

医療事務の仕事内容とは

一般事務や営業事務など、多くの事務職が企業で働くのに対して、医療事務の勤務先は病院やクリニックです。
医療事務は、医療にかかわる事務作業を中心に行います。
仕事内容は書類作成や受付応対など、一般事務と似ていますが、医療事務は医療機関での仕事になるため、専門知識を多く求められます。

メインとなる仕事は大きく分けて2つあり、受付窓口業務と呼ばれる患者さん対応と、レセプト作成業務と呼ばれる診療報酬明細書の作成になります。

画像出典元:http://ijiwork.com/column/column-23790

医療事務の受付窓口業務とは?

医療事務の求人内容は様々ですが、受付窓口業務は外せない大切な業務の一つです。
受付の窓口で、患者さんとのやり取りを行います。
診察券の受け渡しや、予約の確認、処方箋の説明、診察料の受け渡しなどが主な仕事内容です。
病院に行った時の窓口にいる方は、この医療事務に従事している方です。

また、病院の規模によっては入院手続きを行ったり、患者さんと医師とのパイプ役になったりもします。
医療事務の仕事内容は、まさに病院の顔としての仕事です。
病院には様々な年代の患者さんが訪れるため、コミュニケーション能力を求められます。
事務の仕事だけではなく、人と関わる仕事がしたいという方にはぴったりの仕事です。

医療事務には欠かせないレセプト作成業務

レセプトとは「診療報酬明細書」のことを指します。
医療保険制度に基いて、それぞれの患者さんの医療費を計算する仕事です。

医療事務に資格があるのは、このレセプト作成業務のスキルが必要だからです。
レセプトの仕組みは複雑で、医療費や保険適用額は全て点数化されます。
この点数を算出するために、医療事務はカルテの情報を入力して、レセプトを作成します。
単純に数字を入力するだけではなく、カルテの内容を理解しなくてはレセプト作成業務はできません。

長く働ける事務職の代表的職種

一般事務の仕事と比べて、医療事務の仕事は需要も多く、年齢に関係なく長く働ける仕事として人気が高いです。

医療事務は診療報酬請求事務能力認定試験」や「医療事務技能審査試験」など、さまざまな資格があります。
自分の努力次第でスキルを磨きやすいのが医療事務の良いところです。
医療事務に関する資格を取る事で、収入アップやキャリアアップもしやすく、仕事の幅が広がります。

  • 1