営業事務の求人を探すうえでよく間違えられがちなのが、営業事務と営業職との違いです。
営業職は実際に客先に出向いて営業活動を行いますが、営業事務の仕事内容はまったく別物です。
意外と知られていない営業事務の仕事内容について紹介します。

営業事務は営業職のサポートが中心

営業事務の仕事内容は、営業職のサポート事務です。
営業部に所属するケースもあります。
商品の在庫管理や発注に関する書類作成や、プレゼンテーション資料の作成、顧客からの電話応対が中心です。

一般事務に比べてより営業に近い仕事のため、営業に関する専門的知識が求められます。
また、営業担当者だけでなく、顧客と関わる機会も多いのが営業事務の特徴です。
一般事務と比較して、営業事務の求人は未経験はハードルが高い印象ですが、営業経験か事務の経験があればチャレンジしやすい職種です。

画像出典元:http://and-plus.net/personal-statement/

営業事務はパソコンスキルが必須

営業事務の仕事内容の大半は、請求書の作成や資料作成など、パソコンを利用した業務です。
そのため、ワードやエクセルのスキルは必須です。
顧客情報の管理など、表計算やデータベースの知識が必要になる場合もあります。

一般事務よりさらに専門的なパソコンスキルが求められるため、独学では難しい場合もあります。
パソコンに関する資格取得や、パソコン教室に通ってスキルを磨くのがおすすめです。

対人スキルの高さも営業事務には欠かせない

営業事務は、顧客とのやり取りが多いため、うっかり対応を間違えると大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。

そのため、営業担当と顧客をつなぐ架け橋という自覚を持つ事が求められます。
コミュニケーション能力や、ビジネスマナー、協調性など、対人スキルは営業事務に必須です。

営業事務はキャリアアップの選択肢が多い

営業事務の仕事は、パソコンスキルが身につくだけではありません。
営業や数字に関する知識が身につくため、大きな強みになります。
キャリアアップの選択肢が多く、転職にも有利です。
営業事務で得た知識に語学力がプラスされれば、英文事務の仕事にキャリアアップできます。

また、営業事務からより専門性を高め、経理事務の方向に進む方も多いです。
営業事務のスキルは、様々な部署でいかすことができるため、かなり汎用性が高い職種と言えます。
未経験から営業事務を目指すのも比較的難易度が低いので、一般事務をスタートにするのではなく、最初から営業事務にする方が、キャリアアップの近道になります。

  • 1