事務の仕事といっても、具体的な仕事内容はさまざまです。
一般事務の求人では、書類作成や電話応対など、任される業務の範囲も幅広くあります。
事務職の中でも最も多い、一般事務の求人について、仕事内容をご紹介します。

一般事務の仕事内容は縁の下の力持ち

一般事務の求人は、大手企業から中小企業まで、幅広い企業が募集しています。
仕事内容も様々ですが、主な業務は、資料作成や、電話対応、データ集計などです。
郵便物の仕分けや来客の応対なども行うこともあり、様々な作業に従事します。

単純作業が多いですが、一般事務の仕事はどれが欠けても会社の業務が円滑に進まなくなってしまいます。
まさに企業の縁の下の力持ち的存在です。
基本的に一般事務は特殊なスキルや資格は必要ありませんので、未経験者でもチャレンジしやすい職種です。

一般事務の求人のやりがいとは?

書類作成をはじめとした地道な作業が中心のため、やりがいを感じるのは人とのコミュニケーションです。
一般事務の仕事は周囲の人のサポートが中心です。

そのため、相手からの感謝の言葉は何よりのやりがいにつながると感じる人が多いようです。
自分の仕事が相手の手助けになっていると感じられるため、人のために尽くすのが好きな性格は一般事務に向いていると言えるかもしれません。

一般事務に求められるスキル

経験や資格がなくてもチャレンジしやすいのが一般事務のメリットです。
しかし、一般事務であると便利なスキルや資格というのは存在します。
一般事務では業務にパソコンを使用することがほとんどです。

そのため、パソコンの基本的な操作は持っておくべきでしょう。
特に、ワードやエクセルなどのオフィスソフトの知識はあればあるほど役に立ちます。

また、社内外の人と関わる機会も多いため、コミュニケーション能力は重視されます。
会社の窓口となるのに恥ずかしくないビジネスマナーも身に付けましょう。
キャリアアップのために、英語や簿記、秘書検定などを学ぶ方も多いです。

一般事務の仕事で身につくスキル

一般事務の仕事は、多くの業務の基本的な知識が身につきます。
特に、パソコンの操作方法や事務処理能力はどんな職場でも役に立つスキルになります。
最初は一般事務として勤務していても、経験を積むことでより専門的な仕事に転職できたケースも多いです。
一般事務は誰でもチャレンジしやすいため簡単だと思われがちな仕事ですが、実際はキャリアアップに役立つスキルとたくさん学ぶことができるのです。
参照:https://run-way.jp/kigyou_anken_list/job/114/